~三方よし式価値提供型オウンドメディア™で価値ある自由と自立を手に入れるとはいったい何なのか?

果たしてそんなことができるのだろうか?

それがどんな意味を持つのだろうか?

今日の店内で語られるその内容はいかに?!の巻~

 

 

自由和凧自由和凧

のざわ店主がよく言う「新世界」ってなんなりか~?!

大阪府大阪市浪速区にある、あの繁華街のことなりか~?!

 

あ~  なんだか串カツが食べたくなってきたなり~

 

 

春野小梅春野小梅

わたし~ 通天閣にいきたいなぁ~(>_<)♡

…でね、ビリケンさんの足の裏をさわりたいなぁ~☆

こちょこちょしたいな~♪

 

 

鈴木真一鈴木真一

私はフグさしが食べたいです。

1枚ずつ食べるんじゃなくて、箸で円を描くようにかき集めて、ガッツリとほおばりたいですね!

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

なんか「新世界」で盛り上がっていますねー

 

私はやっぱり串カツがイイですね~!

サラサラッとした2度づけ禁止ソースもいいですね~

私はソースを串の根元近くまで、どっぷりつけちゃいます(笑)

濃い味が好きなんです。

つけ合わせのキャベツも、お腹を空かせたウサギのようにバリバリ食べて、おかわりもしちゃいますよ(笑)

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

…私が伝えている「新世界」は大阪の新世界ではないんですよ。

これからの未来に「新世界」が訪れると言っているのです。

 

 

花野凛華花野凛華

えー?!

「新世界が訪れる」

ですって????

 

どういうことなの????

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

そうなんです。

早くに気づいたごくわずかな人だけが踏み入れることのできる「新世界」。

どんな世界だと思いますか?

 

 

自由和凧自由和凧

どんな世界って…

「新世界」というくらいだから新しい世界なりか~

それくらいしか思いつかないなりよ~

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

…そうですよね、なかなかわからないですよね。

ただ「新世界が訪れる」と言ってもね。

 

私が提唱する新世界というのは、

「知的創造者が知的収入を得る、新しい知的創造社会」

というものです。

それを一言で「新世界」と言っているんですよ。

新しい未来です。

 

 

鈴木真一鈴木真一

む、むずかしすぎる、どういうことでしょうか?

チテキソウゾウシャ、チテキシュウニュウ、チテキソウゾウシャカイ・・・?!

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

もう少しかみ砕いてカンタンに表現する言うと、

「オウンドメディアを上手に利用できる創造者が、自由と自立を手にする知識社会」

というような感じです。

 

 

自由和凧自由和凧

なんでなりか~??

「オウンドメディアと知的創造社会」

いったいどんな関係があるなりか~??

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

オウンドメディアは

「自分専用メディア」

という意味です。

 

その他にも、

「マイメディア、自分メディア、自由メディア、個人媒体」

という表現をされてもいます。

どれも意味は同じで、ただ呼び方が違うだけですよ。

 

オウンドメディアの種類は、

「ブログメディア、メールメディア、音声メディア、動画メディア」

などがあるんですよ。

 

それらを正しく理解して、組み上げて、価値を提供していくと、大きな知的収入を長期的に生み出すことができるのです。

 

それにより、

「経済的な豊かさと自由な時間が増える」

のです。

 

それを深く理解することで、

「価値ある自由と自立を手にすることができる」

ということなのです。

 

私が分析や研究をしているアメリカのごく1部の起業家(マーケター)、オウンドメディア運営者も知的収入を育てて、経済的な豊かさや自由な時間を手に入れています。

 

知的創造社会というのは、

「頭脳や知識を使って、売れる仕組み創りや情報(コンテンツ)を販売する、知的創造者が経済の中心となる社会」

です。

 

古来から今まで続いている、

「会社に雇われて9~17時まで在社して働かなければならない」

というものではないのです。

 

今現在、働き方の大部分を占めるのが、雇用労働というものです。

 

ようするに、先述のように、会社で最低8時間は働いて、毎月決まった日に給料をいただく形態のことです。

 

残念ながらこの雇用労働はこの先さらに縮小していくと思います。

 

なぜならば、

 

「何年経っても収入が上がらない」

「ボーナスが年2回から1回になる、またはボーナスの廃止」

「サービス残業が多い」

「過酷な業務、重い実績(ノルマ)の要求」

「安価ですぐに契約解除できる派遣社員、委託業者、シニア社員、外国人労働者、短期社員、アルバイト、パートなどへの雇用の差し替え」(※人件費の大幅な削減)

「電子化、自動化、遠隔操作化、作業用スマートロボット、多機能型コンピューターシステム、便利なアプリが生まれてきたことで、社員という価値、役割、仕事が急速に低下しつつある。」(※少数経営が可能になった)

 

・・・というように、今もなお進んでいるからです。

 

 

鈴木真一鈴木真一

…な、なるほど(冷汗)

私のように会社に雇われて給料をもらうんじゃなくて、未来はオウンドメディアを自由自在に活用できる人が有利だということですか?!

のざわ店主は、アメリカの情報も仕入れているんですか??

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

はい、そうです。

 

すべての情報を仕入れることは不可能ですが、できる限りアメリカ経由での情報を買い、店内に情報を見やすく陳列しているんですよ。

 

なぜならば、私は

「アメリカのごく1部の起業家、実業家、オウンドメディアビジネスの情報がとても価値が高いと感じているから」

です。

 

アメリカの最先端のマーケティングビジネスは、

「日本の約3年先」

を走っているように感じます。

 

その鮮度と価値の高い情報を仕入れ、日本人向けに手を加えて、あなたのご商売やオウンドメディア運営にご活用なさったらいかがでしょうか?

 

よい反応が生まれるとは思いませんか?

 

なぜならば、アメリカで効果や実績があるならば、日本でも結果がある程度生まれることが見えているからです。

 

ここでご視聴いただいている「あなた」にお聞きしたいのですが、よろしいでしょうか?

 

今現在、従来のマスメディア(テレビメディア、ラジオメディア、雑誌メディア、新聞メディア)で「オウンドメディア」についての報道について、よく見聞きされますでしょうか?

 

また、会社、ご家庭、ご友人の間で相手から「オウンドメディア」の話題が出たことはありますでしょうか?

 

 

いかがでしょうか?

 

 

答えは

「聞いたことがない…、身の回りでもそんな話が出てきたこともない…」

・・・のではないでしょうか。

 

 

鈴木真一鈴木真一

…たしかに、私は毎日、会社の上司、同僚、取引先の人と話しますが、

「オウンドメディア」

という言葉が会話に出てきたことはないです。

 

テレビ、ラジオ、新聞も毎日、見聞きしますが、

「オウンドメディアとか…知的創造社会とか…」

…そう言えば、そんな言葉を1度も聞いたことがないですね。

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

…そうですよね。

 

実は私も大々的に見聞きしたことがないんです。

 

ようするに、ほとんどすべての人が、

「オウンドメディアで知的収入、自由、自立を手に入れることを知らない」

ということにお気づきでしょうか?

 

私が「オウンドメディア、知的収入、知的創造社会」の気づきを知り得たのは、アメリカのマーケティングビジネスの書物でした。

 

 

鈴木真一鈴木真一

そうなんですね、日本の情報で知ったんじゃないんですね。

アメリカの書物からですか?!

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

…そうなんです。

 

そのアメリカの価値と鮮度が高い情報を早くに日本に仕入れているのです。

それらの情報は日本国内であまり知られていないので、とても反応が高い状態で商いができるのです。

 

そのようなことも、

「一筆入魂!のざわりょうまからの手紙」

にしたためていますよ。

 

 

鈴木真一鈴木真一

なんだか、スケールの大きい情報を仕入れているんですね(驚)

さすが、「生粋の情報商人」だけのことはありますね、勉強になります。

 

私が勤務している会社も、いつまで雇ってくれるかわからないし、ボーナスは5年以内に廃止になるらしいし、今後、正社員から派遣社員や委託社員にする話が出ているし、1つの給料じゃ、とてもじゃないけど、お金が足りなくなるだろうし・・・(冷汗)

不安だらけだから、オウンドメディアや知的収入についてもっと知りたいです。

どうすればいいですかね??

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

そのお考えはすばらしいですね。

なぜならば、いざ給与カットやリストラになったら、生計が立てられなくなるからです。

まるで天国から地獄に落とされるようなそんな苦しみが襲ってくるかもしれません。

 

不安をあおっているのではなく、実際に私自身が体験したことなので、よくわかるのです。

 

ここで少しご想像いただけますでしょうか?

急にリストラされて、通帳の残高がものすごい速さで引き落とされ、貯金が目減りしていく怖さを。

 

「貯金があればまだいい」のですが、蓄えさえなければ、それこそまさに、地獄の幕開けになってしまいます。

 

あなたにはそのような苦しい思いをしていただきたくないのです。

 

ですので、「のざわりょうまからの手紙」で、あなたの心に予防線を張っていただきたいと願い、以心伝心でつづっているのです。

 

さらに自由と自立の新世界へ羽ばたくご希望があるのでしたら

「一筆入魂!のざわりょうまからの手紙」

で、詳しくつづらせていただいていますので、よろしければ、のれんをおくぐりになってはいかがでしょうか?

 

今なら「視聴者大感謝祭!キャンペーン」中ですので、

「三方よしで自由な人生を手に入れる教科書」(短編版)

を先着50名様限定で無料にてプレゼントしています。

 

内容は、

「オウンドメディアの可能性や、あなたが価値ある自由と自立を手に入れる秘技」

が含まれています。

 

この電子書籍をお読みいただくだけでも、自由と自立の未来を引き寄せることができるでしょう。

 

 

鈴木真一鈴木真一

…わ、わかりました、なんとしても大切な妻と娘を守っていかなければならないので、のれんをくぐって手紙を読んでみます。

あと、新築の戸建てを買ったばかりで、住宅ローンの残債が30年近くあるんで、それもなんとか早くに返したいですね。

 

のざわりょうまのざわりょうま

今のお仕事を続けながら、オウンドメディアで知的収入を増やすことができれば、その30年の残債を半分以下の年数(15年以下)で完済ができるかもしれませんよ。

なぜならば、会社からの給料とオウンドメディアからの知的収入を合わせると、単純に収入が多くなり、早く多く返済することができるからです。

 

 

鈴木真一鈴木真一

…わかりました、未来の危機に備えて今からしっかりと学びますよ。

早くに自由と自立を手に入れて、妻や娘と海外旅行へ行きたいですし、欲しいものを値札を気にしないで買って上げたいですし…

今日は貴重なことを教えていただき、ありがとうございました。

 

今すぐに下記から手紙を申し込んで、仕事帰りの電車内で読んでみますよ。

 

 

 

 

※のれんをクリックしてください※