~のざわりょうま流:「三方よし式価値提供型オウンドメディア™」の「価値提供型」とはいったい何なのか?

価値の種類とは?提供することでどんなことが起こるのか?

今日の店内で語られる内容はいかに!?の巻~

 

 

 

士魂商太郎 士魂商太郎

のざわ商店が唱道している

「三方よし式価値提供型オウンドメディア™」

の「価値提供型」って具体的にはなんですか?

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

読んで字のごとくそのままでいいんですよ。

「価値を提供する」

ということです。

 

商品やサービス、情報(コンテンツ)が粗悪であれば相手はどう思いますか?

 

 

自由和凧自由和凧

誰も買わないし、買ってくれたとしても、もう2度と近づいてくれないなりよ~

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

…そうですよね。

1回は買ってくれることはあるかもしれません。

 

1度買っていただいたり、お試しいただいて、ゴミをつかまされた、無価値だ・・・と感じたら、そこで相手とのご縁は切れてしまうのです。

 

 

商売繁次郎商売繁次郎

価値提供型はわかりましたが、「価値」って具体的にはどんなことですか?

なんだか簡単そうで難しく、よくわかりません。。。

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

そうですよね、価値と一言で言っても意味は幅広いですから、

「?」

になりますよね。

 

私が考える価値と言うのは、例えば

 

「役に立つ、楽しい、嬉しい、心地よい、専門的、問題を解決する、癒される、元気になる、快適になる、喜ばれる、成長できる、収入が増える、時間が増える、」

 

などです。

 

ようするに相手に何かしらのご利益(メリット)を感じていただくものです。

 

それらの価値がなくても販売技術(セールステクニック)で、強引に売り込むことはできます。

実際、私の周囲でも「最新のマーケティング」という形で、派手にやっていた商売人がいました。

そういう人をここ数年間じっくりと見てきましたが、ほとんどすべてが消えていったのです。

 

短期間で強引に買わせることはできますが、実はそれが長く続くことはないのです。

それは商売ではなく、相手からお金を巻き上げているというだけです。

「自分だけがよければいい」

を一言で何というかわかりますか?

 

 

春野小梅春野小梅

たしかたしか~「一方よし」だったよね~(^^♪♪

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

そうです、「一方よし」(自分だけがよい)では、価値が外へ循環しないのです。

それに加えて経済の血流である「ヒト・モノ・カネ」も循環しないので、うっ血してとどこおり、早くに息絶えるのです。

 

 

花野凛華花野凛華

…そうなんですね、だんだんわかってきました。

「次は商売における価値、オウンドメディアにおける価値」

それぞれを教えてもらえませんか?

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

商売での価値は、

「優れた商品やサービスを提供すること」

を考えている人が多いです。

 

それはごもっともな考えですが、その他にも重要なことがあるんですよ。

 

それは、

「相手の悩み、不安、障害、問題点をお聞きして、それらを解決して差し上げること」

なのです。

 

それにより、価値が生まれて自分への信頼が芽吹き、商品やサービスの売り上げにも波及するのです。

つまり、相手の気持ちになって、しっかりと理解して差し上げることです。

 

 

大和やまお大和やまお

…そうなんですね。

私なんか今まで、商品やサービスのよい点ばかりをお客さんに一方的に話していました。

もっと、相手の悩み、要望、問題点なんかを聞けばよかったです。。。反省

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

それでいいんですよ。

最初からすべてを知っている者はいないですから。

 

また人は失敗や反省から多くの気づきを得られますからね。

失敗や反省から学ぶ者は、失敗や反省は「損失」というようには思わなくなるでしょう。

そうすれば、さらなる成長があると思いますがどうでしょうか?

 

 

大和やまお大和やまお

…ありがとうございます!

なんだか勇気が湧いてきました、失敗するとすぐにくよくよするタイプなので今の話を聞いて、だいぶ自信が出てきました!

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

それはよかったです。

 

ついでにIBMの創業者であるトーマス・ワトソンの金言に

「成功するためには失敗を2倍にしなければならない」」

という言葉があり、こちらも知っておくと力になると思いますよ。

 

ようするに、

「失敗しながら学び成功へ歩め」

ということです。

 

 

大和やまお大和やまお

のざわ店主、色々と知っているのですね。

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

…いや、たまたま何かの本で見かけて、たまたま覚えていただけですよ。たまたま。

ふりかけはのりたま。

 

 

自由和凧自由和凧

ぼくものりたまは好きなりよ~♪

なんでのりたまはご飯がすすむなりか~?

 

次は「オウンドメディアの価値」について聞きたいなりよ~

グルグルグルグルグルグルグルグル~~~

 

「ザクッ!」

「バリバリッ!!!!!!!」

 

 

商売繁次郎商売繁次郎

あーぁ!

興奮して店内で勢いよく飛び回るから、障子に頭が突きささっちゃったよ。。。

 

 

うなずき赤べこうなずき赤べこ

自業自得~  自業自得だよね~ うんうん

店内ではおとなしくうなづいていないとね~ うんうんうんうん

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

あらららら・・・(汗)

派手に突っ込んだね、つい先日に障子を替えたばかりなのに(苦笑)

 

ま、しょうがない。。。

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

「オウンドメディアで価値を提供する」

ということは、先述の「価値」を情報で包んでお届けするということです。

 

それにより相手(視聴者、見込み顧客)が、

「役に立った、気持ちが和らいだ、助かった、おもしろかった」

となれば、お気に入りやブックマークに保存していただいたりして、再訪問(リピーター)してくれるのです。

 

それが長期的にくり返されることで、

「視聴者  ⇒  再訪問者(リピーター)  ⇒  あなたのファンになる」

という流れになるのです。

 

価値をお届けしていなければ当然ながら、

「視聴者  ⇒  再訪問者(リピーター)  ⇒  あなたのファンになる」

という流れは生まれにくいのです。

 

「事業は人なり」という松下幸之助の言葉があるように、商売でもオウンドメディアでも、最終的にはすべては人にかかっているということです。

 

 

うなずき赤べこうなずき赤べこ

なるほど~  なるほどね~ うんうん

「三方よし式価値提供型オウンドメディア™」は奥が深いんだね~ うんうん

最後にある「オウンドメディア」も知りたくなってきたな~ うんうんうんうん

 

 

のざわりょうまのざわりょうま

…今日は、もうのれんを下げないといけないから、ここでおしまいです。

 

次回、「三方よし式価値提供型オウンドメディア™」の「オウンドメディア」をお教えしますね。

 

これを深く理解して上手に使えるようになると、知的収入を生み出すことができ、それにより自由な時間が増えてくるんですよ。

 

 

うなずき赤べこうなずき赤べこ

自由と自立~ うんうん

好き~  この言葉好き~♡ うんうん

はやく~  はやく知りたいな~ うんうん

ぼくここで待ってる~  次の記事まで待ち続けるよ~  うんうんうんうん